ご契約はこちら
WEB資料請求

犬、ネコのペット共済は日本ペット共済にお任せ下さい。

ペット保険の必要性

どうぶつには人間と違って公的な健康保険の制度がありません。そのため、診療費が100%自己負担となり、費用が高額になるケースも見られます。

例えば、外耳炎ひとつにとっても、初診料に麻酔、診療費を含めて、トータルで約2万円ほど、骨折なら入院費やX線検査の料金もプラスされ10万円を超えることもあります。

万が一の場合、家族の一員であるどうぶつ達に十分な医療を受けさせてあげるためにも、人間と同じように健康保険の変わりになる保険に入る人が増えてきています。

こんなにかかる治療費

ペットにかかるお金は右肩上がり

年々増加するペット保険加入率

日本ペット共済は、診療費をきにすることなく、気軽に動物病院や診療所に足を運び、病気や怪我の早期発見・早期治療を行ってもらいたいと願っています。
病院にいくのが1日遅れるだけでどうぶつの症状はかなり悪化してしまします。早期発見し、早期に治療していただき、大切な家族といつまでも健康でいてもらい長生きするペットが増えることが日本ペット共済の願いです。

メールアドレス一覧

共済金の受け取り例
病気・怪我 支給金額
急性すい炎 ¥158,200
腸ねん転手術 ¥320,000
細菌性の下痢 ¥20,200
骨折 ¥145,000
外耳炎 ¥25,800
ガン ¥303,000
脱毛症 ¥54,000
腎不全 ¥218,000
消化管内異物 ¥105,000

リンクアイコン詳細はこちら